マイクロスコープなど特化分野で必要不可欠な特殊機器集

電子テクノロジー

ロジックボードの作り方

電子テクノロジー

プリント基板を作るためにはまずプリント出来る基板を作る基礎を行わなければならず、エッチングなどの作業を行なっていきます。後にパターン設計を行い配線の引き方などをパターン化していきます。後は実装していくだけになります。

詳しくはコチラ

特化分野で活躍する機器

電子テクノロジー

ある特定の分野で無くてはならないという機器は多く、例えばマイクロスコープなどは生物学には無くてはならない専門機器と言えるでしょう。一般生活においては特別使用することはありませんが、マイクロスコープを用いることで未知の分野を解明する事が可能になり、非常に小さな世界を覗くことが出来ます。マイクロスコープは幾つか種類があり、倍率によって価格が大きく異なります。単純に大きな倍率を持ったマイクロスコープは非常に小さい世界を覗きこむことができ、価格もそれなりにします。あまりにも倍率が大きくなると人が覗き込む事はできなくなるため、電子ビューワーを用いてPC画面に映し出すこともあります。操作に関しても繊細な操作が必要になり、直接マイクロスコープを触れるという事はなくなり、コントローラーを用いて上下の操作をしたり、ビューポイントを操作したりします。マイクロスコープは小さなミクロの世界を覗きこむために用いますが、ディスペンサーなども細かい液体を扱う専用の機器です。非常に細かい液量を吐き出すことが可能で、例えば小さい面積に適量の液体を垂らしたいという場面などで用いられます。プリント基板を作成する場面でも用いられる事はあり、はんだを吐き出すことが出来るモデルも存在しています。
ロードセルなどは圧力をデジタル処理することが出来るセンサーで、扱いにくい圧力をデジタル的な扱いをすることが出来るようになりました。体重計などもロードセルのお陰で体重を測ることができ、また薬を調合する時に使用するような電子測量計なども非常に繊細な圧力を感知することが出来るロードセルが用いられている場合もあります。バランサーは大きな荷物や重たい荷物を人の手にかわって操作してくれる機器で、一般的には利用されることはありません。ただ人が持てないような荷物を簡単に扱うことが出来るため、生産現場などでは一般的に用いられています。

空気を使用したタイプ

電子テクノロジー

ディスペンサーの中でもドライエアー式は非常に精密な吐出しが可能で、厳密な吐出し量を扱う時に用いられます。価格は高いですが、製造現場ではなくてはならないものであり、小型タイプであれば一般でも購入することが出来ます。

詳しくはコチラ

圧力を測るセンサー

電子テクノロジー

ロードセルは圧力を電気特性に変換してくれるセンサーであり、様々な場所で用いられています。元々はひずみゲージと呼ばれる非常に原始的な電気抵抗値の変化を応用した装置が元になっていて、ロードセルにもひずみゲージがあります。

詳しくはコチラ